my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

私の出産記⑪〜会陰切開の縫合をしながら、分娩台で初めて授乳した話〜

こんにちは!

 

今回は、タイトルそのまま、会陰切開の縫合をしながら初めて授乳した話です!

前回の記事もそうでしたが、分娩室に入ってからは音声録音していたので、

結構リアルな内容になると思います。

 

ということで今日も出産記です!!

 

これまでの記事はこちら↓↓

 

私の出産記①〜破水したときのこと〜

私の出産記②〜出血に怯えながらの陣痛待ち〜 

私の出産記③〜微弱陣痛との孤独な闘い〜

私の出産記④〜夫合流&まさかの嘔吐、体力の限界を感じる〜 

私の出産記⑤〜内診グリグリと陣痛促進剤、長い間抱えることになる悔しさ〜 

私の出産記⑥〜陣痛中、シャワーでお産が進む(シャワー室は大混乱)〜 

私の出産記⑦〜怒り狂っている間に子宮口8cm!〜 

私の出産記⑧〜いよいよ分娩室、助産師さんの声かけって大切〜

私の出産記⑨〜クライマックス!!赤ちゃんの頭が出てから、産まれるまで〜

私の出産記⑩〜出産直後は大興奮!初めて赤ちゃんにかけた言葉は「可愛い♡」〜

 

良かったらお読みください!

 

 

 

    目次

 

13:20頃 会陰切開した後の傷口のチェック

 

赤ちゃんの計測も終わりホッとしたのも束の間、今度は自分の診察が始まりました。

助産師さんと先生が産後すぐに飲むお薬の説明をしてくれたあとは、

赤ちゃんを産み出した後のお股・・・傷口のチェック。

もうそれが、チェックしてるだけなのに、

激痛!!!涙

お腹触られるだけでも、

激痛!!!涙

イタタタタタタタタ!!!涙

 

助産師さんが、「今触ってるだけよ〜」って言ってくれるけど

触ってるだけって何?触ってるだけって何?

痛いって!!と思ってました。

 

あぁ、さっきあんな痛い思いして産んだのに、

なんでこんなことが痛いのだろう、

そしてまだ痛い思いせなあかんのか

 

悲しくなりました笑

痛いのはまだまだ続くということを、このときの私は知らなかった…

 

 

 

13:27頃 会陰切開の「縫合」が痛すぎて呼吸法を始めた

 

私があまりにも痛がるので、先生が麻酔を足して縫ってくれました。

しかし、それでも痛い笑

助産師さんが、

「お産と一緒、ずっとフウフウしといて

最後まで力抜いている方がいいよ」

とアドバイスしてくれたので、

ここでもまさかの呼吸法。

 

先生が、「ごめんごめん」と言いながら縫ってくれていて

なんだか申し訳なくなりました笑

 

 

13:32頃 気を紛らわすために、赤ちゃんにおっぱいを飲ませてみた

 

★何やっても痛いんです涙

 

麻酔を足しても、呼吸法をしても、もうずっと痛がっていた私。

見かねた助産師さんから新たな提案がありました。

 

「ちょっと気が紛れるように、赤ちゃん抱っこしますか?」

 

え!!いいんですか!?

 

こんなに痛くて満身創痍でも、

赤ちゃんを抱っこしたいという気持ちになれるのは

なんだろう笑

本当に不思議です。

 

「ちょっとおっぱい見せてもらっていい?

赤ちゃんめっちゃ泣いとうから」

 

私が処置してもらっている間ずーっと泣いていた赤ちゃん、

授乳してみよう!ということでした。

 

「ちょっとだけ吸わせてみる?しんどかったら言うてな」

助産師さんはそう言いながら赤ちゃんを迎えに行きました。

 

あぁ、もうワクワクが止まらない!!

でも、ちゃんと咥えられるかな???

 

 

★初めての授乳はいきなり上手くいった!!

 

「パパによう似とう〜」と言いながら

大泣きの赤ちゃんを連れてきてくれた助産師さん、

赤ちゃんの口を開けさせて、ガバッと咥えさせてくれました!!

 

え!!飲・ん・で・る!!

 

それもすごい力で吸い付いでます。

もうびっくり。

 

何も教わってないのに、

もうおっぱいを飲めるということ。

出産が終わったら

もう母乳が出るということ(少しとは言え)

 

人間って、女性って、神秘。。。ですね。

 

そして本当にあったかい

なんてあったかいんだろう。

癒されました。

 

「ちゃんと舌出して、上手」

「すごい上手に大きなお口開けますね」

 

どうやら我が子は、助産師さんもびっくりするほど

おっぱいを飲むのが上手だったみたいで

「お腹の中でよっぽど練習しとったんやな〜」

と言われました!笑

そういえばエコーでいつも親指しゃぶってた!!

赤ちゃんは、大人にはできないお口の動きで、母乳やミルクを飲んでいます。

1.パクッとおっぱいをくわえる(吸着)
2.舌の動きで母乳を引き出す(吸啜)
3.ゴックンと飲み込む(嚥下)
大切なのは、この3つのステップ。

pigeon.info

 

 

★夫と実母も感動

 

おっぱいを飲ませているところに、夫と母がやってきました。

「それで泣いてたんかぁ」

胎盤でたからおっぱい出るんかぁ」

とそれぞれに感動。

夫が、「そんなに飲んだらお腹パンパンになるで」と言ったら、

「まだそんなに出てないねん、今は吸うことで満足」

助産師さんが教えてくれました笑

 

 

★産まれたときから怒りん坊

 

「一通り飲んだかな」と助産師さんがおっぱいを外すと、

ギャン泣き!!

助産師さんが「そない怒らんでも」と言うくらい笑

今でも泣き声はめっちゃ大きくて男の子みたいと言われます。。

 

左を飲ませたので、次は右を。

咥えさせると、また静かに飲み始めました。

 

 

★初めて目を開いた!!

 

ずっと目を瞑っていた赤ちゃん、

おっぱいを飲みながら開眼しました!!

それがもう可愛くて可愛くて。

まだほとんど見えていないんだろうけど、何を感じたかな??

 

 

★赤ちゃんの吸啜反応ってすごい。

 

 

「もう寝そうかな〜?」

ということでおっぱいを外す。

(今度は泣きませんでした)

そして指しゃぶりを始めました!

それがすごい音。チュパチュパなんてもんじゃありません。

 

カチッ、カチッ、カチッ、カチッ、!!

これで吸われてたのかと思うと少し怖くなりました笑

 

 

13:48頃 赤ちゃん保育器へ

 

赤ちゃんの体温が下がらないように、保育器へ移動しました。

f:id:mycolor-is:20170608000521p:image

後で見に行ったら結局また泣いてたw

 

 

13:50頃 そういえば縫合の痛みはどっかへ行っていた

 

「もう縫うの終わったんで、最後出血の確認をさせてください」

あれ!!そういえば、授乳してるときもずっと縫ってたんや!!!

冗談ではなく、すっかり忘れてました!!笑

助産師さんの言うとおり、

 

気が紛れてました!!

あんなに痛かったのに。

 

これ、みんな痛いって言いますよ。

でも、ちゃんと紛れてました笑

ですので、もし会陰切開の縫合が痛かったら、

 

赤ちゃん抱っこさせてもらってください!!

 

 

 

 

 

 

 

やっと「初めての授乳」について記事に出来ました〜!!

本当にこれを早く記事にしたくて。

しかし、出産記は終わりませんでした笑

もう、

 

気が済むまでやらせてください!!

 

 

 

妊婦さん向けの記事はこちら↓

 mycolor-is.hatenablog.com

 

 

それではまた****