my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

follow us in feedly

私の出産記⑤〜内診グリグリと陣痛促進剤、長い間抱えることになる悔しさ〜

 妊婦さん向けの記事はこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

こんにちは!!

久しぶりに、私の出産記を更新したいと思います。

今日で7ヶ月。

お座りもハイハイもしてます。 

f:id:mycolor-is:20161218002845j:image

最近可愛くてたまらん

 

 

 

これまでの記事はこちら↓↓

私の出産記①〜破水したときのこと〜 - my color is...♡

私の出産記②〜出血に怯えながらの陣痛待ち〜 - my color is...♡

私の出産記③〜微弱陣痛との孤独な闘い〜 - my color is...♡ 

私の出産記④〜夫合流&まさかの嘔吐、体力の限界を感じる〜 - my color is...♡

 

 

微弱陣痛…ただ耐えることしか出来なかった、これまでの状況が大きく変わります。

 

良かったらお読みください!!

 

 

 

9:13 外来の診察室へ

先生に診察してもらえるということで、夫に支えてもらいながら移動。

顔面蒼白、意識朦朧、フラフラ。。。(ここで合流した母談)

 

 

このタイミングでの内診グリグリはこの世のモノじゃない

まずは内診。割れそうな腰を抱えながら内診台へ登る。。

カーテンの向こうに先生登場。

「はい、じゃあ内診しますね、内診、内診ね」

ここの先生は内診のとき親切に何度も教えてくれます笑

お決まりの 子宮口の開きチェック ですね。

お願い、開いててくれ。。

と思ったその瞬間、

 

 

 

グーリグリグリグリグリグリグリッッ!!!

 

 

・・・痛いっ、痛い、痛い〜〜〜〜〜〜!!

う、う○ちが出そうです〜〜涙

 

⇧これ本当に叫びました。

 

先生「うん、そんな風になってくるからね〜、はい、じゃあ診察室でお話しますね」

 

 

内診はいつも痛いと思ってたよ、でもなんなんだよこの痛さ、

今日はもう既に十分痛くなってんだよ、

 

なんなんだよ!!!

(心の声)

 

今のが噂の内診グリグリか…この世のモノじゃないわ

(解説)

moomii.jp

 

 

抜け殻になった私はフラフラになりながら診察室へ移動。 

 

 

診察室。打ちのめされた私。

夫と母も一緒に入室。

もはや普通に座ることもできず、夫にもたれかかりながら話を聞く。

とにかく言われたことは、

 

  • 子宮口の開き4cm。今一番しんどいところ。吐くこともある(吐いた)
  • 今の陣痛では まだ産まれない
  • もっと痛くならないと まだ産まれない
  • 既に吐いてるし体力も落ちてるので、ビタミン剤の点滴と促進剤を入れます
  • いいですか???

 

以下、私の頭の中

 

え。。。。え。。。。こんなに痛いのに、、

先生の話をちゃんと座って聞けないくらい痛いのに、まだまだかかるの、、??

促進剤使う理由が、私の体力がなかったからなの??

妊娠中のんびりしすぎたのがダメだったの??

もっと歩くべきだったの??昨日から全然寝てないから???

なんでなの??悔しい!!悔しい!!

でも、もう、きついよ、きつすぎるよ、どうしようもない!!!!

 

「・・・お願いします涙」 

 

様々な感情が渦巻いていたけど、決断だけは早かったと思う。

 

 

先生曰く、

「促進剤を使うと言ってもほんの少しから。少しずつなら赤ちゃんへの負担もそんなにかからないからね」

とのこと。

 

それを聞いて少し安心しました。

赤ちゃんが大丈夫なら、それがいちばん。 

 

 

 

悔しかった理由

陣痛促進剤を使うこと自体に抵抗はありませんでした。

でも、使うなら、もっといろいろ頑張ってから使いたかった。。。。

例えば、歩いたり、動いてみたり、マッサージしてみたり、

いろんな方法を試して、それでもお産が進まない時に。

バースプランを提出したときにも伝えていました。

  

mycolor-is.hatenablog.com 

 

 

実際どうだったかというと、私は、ただただ横になって耐えるしかできなかった。

何もできなかった。(とその時は思っていた。)

眠れなかったし、体力温存した方がいいのかな?とも思っていたし。

でも知らず知らずのうちに体力を消費してしまって。

もうそれが悔しくて。

正直、なんでこうなる前にいろいろ指導したりアドバイスしたりしてくれなかったの!?

なんて思いました。(この時お産が重なって放置されていることが多かった)

 

そして、実はこの感情、結構長い間引きずってました。。

 

今ならわかります。お産なんて、自分で簡単にコントロールできるようなものではない。

私は、無事に産まれることをただただ祈りながら痛みに耐えるだけで精一杯。

 

「無事に産まれたんやから、なんでもええやん。」

「陣痛中から夫に付き添ってもらえたんやからそれで十分やん。」

「私より大変な人もたくさんいる。」

 

と頭では思うのですが、

そう思うことで余計に辛くなり…

 

この記事を作成するために当時のことを振り返り、夫にも初めてシェア。

こんな風に思ってたんだと。

そうすることでやっと消化できた感じ。

 

 

 お産って女性にとって一大イベント。

どんなカタチであったとしても、様々な感情が出てくるのは当たり前のこと。

その気持ちはその気持ちで、大切に扱うべきでした。

 

yomidr.yomiuri.co.jp

etsuki-mw.com

↑「お産トラウマ」初めて知りました。

 

 

陣痛促進剤を打つ前に、、先生からの提案

 

「お願いします」と言った時には、もうなんだか肩の力が抜けていました。

もしかしたら少しでも早くこの状況を抜け出せるかもしれないと思ったから。

このフワフワした状態の時に言われた先生からの提案。

私は耳を疑いました。

 

 

先生「点滴する前に、気分転換にシャワー浴びて下さい」

 

 

 

・・・・!? シャワー!?

 

 

 

 

長くなってきたので続きはまた今度!!

 

 

 

続きはこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 妊婦さん向けの記事はこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

それではまた***