my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

私の出産記③〜微弱陣痛との孤独な闘い〜

こんにちは!娘が生まれて、3ヶ月になりました。f:id:mycolor-is:20160818151103j:image鏡に興味を示すように!!

気づけば首が座り、声を出して笑うようになり、、、いつの間にかどんどん成長しています。 

 

今日は私の出産記③を。

17日に出産したので、毎月17日になるとこの記事を書きたくなります笑

 出産記②から1ヶ月もたってしまった…(´Д` )

 

出産記①②はこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

mycolor-is.hatenablog.com

 

 今回は、いよいよ陣痛が始まります。良かったらお読みください!!

 

 

5月16日 18:21 夫から連絡 

仕事中の夫から、「今日は20時くらいに上がれる」と連絡が!

21:30頃産院に到着するとのこと。夫はいつも23時頃まで仕事していますが、この日は代わってくれる人がいたようで!ありがたいなぁ〜、、

今日は産まれないだろうと思っていたけれど、明日の朝、という可能性もあるので少しでも早く帰れることに一安心しました。

 

18:35頃 徐々に始まる腹痛 

夕食の途中でお腹が痛くなってくる。いよいよ来たのか・・・!!!

でもまだ間隔が不規則。10分だったり20分だったり。。。一応陣痛アプリでの測定を始めました。

 f:id:mycolor-is:20160818150617j:image

途中1時間あいているのは診察などで測定できなかったとかのものです。

 

20:00 先生の診察

先生の内診の結果、

「赤ちゃんは下りてきているけど、子宮口が2cmしか開いてない。破水はしているけど、今のところまだたくさん羊水もあるし赤ちゃん元気。何も心配いらない。」

とのこと。子宮口。。なかなか開かない。

 

弱い陣痛はあるけど、今の陣痛じゃまだ産まれないそうで。。。

翌朝9時くらいにまた診察するので、その時の具合によって、もう1日様子を見るか、促進剤を使うか、など相談することに。

 

最後に、「夜、陣痛が強くなってきたらナースコールしてください」と言われ診察終了。

 

その後、そのままモニターチェックも。 異常なし!

新生児室から赤ちゃんの声が聞こえてきて幸せな気持ちに。

 

 

21:30 抗生剤投与 

陣痛室に呼ばれて抗生剤(膣剤)投与。

また助産師さんの内診の結果、「夜の間にお産進むかもね」と言われる!!

子宮口は相変わらず2cm。

このとき、「便秘気味??浣腸した方がお産もっと進むかも」と言われるが、なんだかもう既に頭が働いてなくて「はぁ、そうですかぁ、今日は出ましたけどねぇ」と返してしまう。

 後々浣腸しなかったことをとても後悔することに{(-_-)}!!

 

 

21:32 夫到着

仕事帰りの夫が到着!!相部屋に入院していたので、病室を出て二人でウロウロ。

この日は月曜日で、次の日は仕事休みの火曜日。

「きっと明日だね」「明日だといいなぁ」と二人で盛り上がりました。

このとき、腰が定期的に痛くなる感じがあり、何度も顔を歪めるw

夫にはそのまま側に居てほしいところでしたが、助産師さんに相談したところ「今晩中には産まれないだろう」ということで私の実家で待機してもらうことに。

「お風呂入って、明日に備えて仮眠してね!!」と伝えました。

 

22:00 どんどん痛くなってくる

今のうちにシャワーでもと思ったのだけれど、時々襲いかかってくる痛みが怖くて断念。怖くて一人じゃ浴びれない!!

既に猛烈にきつい生理痛のような痛み。でも陣痛アプリで測定しても間隔が定まらず、ナースコールするほどでもないかなぁ。。。と、ベッドで横になることに。ほんの少しだけど、痛みと痛みの間で仮眠出来ました。(寝落ち)

 

23:31 夫、道に迷う

適当に歩いていたら道に迷ったようで。。最寄り駅から実家までは上り坂で徒歩20分くらい。雨も降っていたし私としてはタクシーに乗って間違いなくたどり着いて欲しかったのに!!そして少しでも長く仮眠して欲しかったのに!!(明日に備えて)

1時間前くらいからの陣痛で疲れてきた私にはもう余裕がなく、若干キレ気味(o_o)

 

その後、iPhonegoogleマップアプリを駆使してなんとか到着した模様です。

 

5月17日1:51 内診、そして陣痛室に移動

日付が変わりまして、5月17日。

もう一人で耐えるのは辛くなってきてナースコール。

内診の結果、赤ちゃんよく下がってて子宮口は2〜3cm。微妙に開いてきた。。??

 

この後、陣痛室に移動させてもらうことにしました。

出産を終えた人ばかりの部屋で、自分だけ違う痛みで苦しむのが辛くて(~_~;)

 

2:20頃 寂しいけど賑やかな真夜中 

陣痛室は分娩室と新生児室の間に位置していまして。

誰かのうめき声と、新生児室の赤ちゃんの泣き声が聞こえる。。一人で寂しかったけどなかなか賑やかな真夜中でした。

 

 

2:23  腰痛がきつい

破水したときから腰が抜けるような感じがあったけれど、どんどん腰が割れそうな痛みに変化。このときは、腹痛よりも腰痛の方がきつく感じていました。

 

3:32~4:32 バランスボールの上に乗る。

陣痛室にあったバランスボールの上に乗り四つ這いに。この体勢になると陣痛のときに身体の力を抜きやすいことに気づき、しばらくこのままでいました。

陣痛の合間、寝たいな、と思った時だけ横になり仮眠。

 

 

4:45 助産師さんより「旦那さん来てもらいましょか」

トイレに行ったときに、血がポタポタと垂れてきて。。怖いのでナースコール。

助産師さんに内診してもらったところ、子宮口の開きはそこまでだけど、赤ちゃんだいぶ下がってるとのこと。

子宮口の開きや陣痛の強さを無視してどんどん下りてくる赤ちゃん…!!

 

そしてついに、

「旦那さん来てもらいましょか」

 やっと孤独から解放される!!!

急いで連絡しました。

 

 

 

陣痛がきつくなってきた22時くらいから早朝5時くらいまで、ほぼ一人で過ごすことになり本当に孤独でした。

陣痛の間隔が定まらず、強くなるのをただ待つことしかできず、、、、でも急に進んで早く産まれても困るなぁと思ってみたり(夫の立会い希望だったので)。

今思えば、助産師さんに相談すれば良かった。。と思うのです。まだ陣痛安定していないし、、となぜか遠慮してしまい、一人で耐えてしまいました。

 

次産むときは絶対遠慮しない!!!と今では思っています。

 

 

 

まだまだ続きます、ゆっくりの更新ですが…

まだまだ記憶があるので絶対最後まで記事にしたい!子育ての合間、少しずつ作っていきますね。

 

続きはこちら 

mycolor-is.hatenablog.com

 

妊婦さん向けの記事はこちら↓

 

mycolor-is.hatenablog.com

 

 

 

 

それではまた***