my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

私の出産記⑧〜いよいよ分娩室、助産師さんの声かけって大切〜

こんにちは!!

5月も後半!!気づいたら娘は1歳のお誕生日を迎えました。

 

f:id:mycolor-is:20170523221906j:image

すぐに崩される飾りつけw

 

1歳までに出産記を書き終えるという目標は達成できませんでした笑

しかし、諦めません!!もうちょっとなので!!

分娩室に入ってからは音声録音していたので、結構リアルな内容になると思います。

とにかく助産師さんの声かけが素晴らしくって、本当に心強かったので、

助産師さんのセリフも記録していきますね。赤字で書きます。

 

ということで今日も出産記です!!

 

 

これまでの記事はこちら↓↓

 

私の出産記①〜破水したときのこと〜

私の出産記②〜出血に怯えながらの陣痛待ち〜

私の出産記③〜微弱陣痛との孤独な闘い〜 

私の出産記④〜夫合流&まさかの嘔吐、体力の限界を感じる〜 

私の出産記⑤〜内診グリグリと陣痛促進剤、長い間抱えることになる悔しさ〜 

私の出産記⑥〜陣痛中、シャワーでお産が進む(シャワー室は大混乱)〜

私の出産記⑦〜怒り狂っている間に子宮口8cm!〜 

 

 

良かったらお読みください!

 

 

 

    目次 

 

分娩室、助産師さんがいっぱい

 

 やっとここまで来た!!フラフラになりながらも、

産声の録音用にちゃんとiPhoneを持って入室。母に驚かれました(呆れられた?w)

 

ベッドに上がりましょ〜、

もうちょっとやがんばれ!!

もうあとウーンって頑張って出すだけや〜!

破水して全部開いたら出てきますよ、赤ちゃん。

 

今まで家族の誰かと二人のことが多く心細いときもありましたが、

分娩室に入ると助産師さんが集まっていて。どれだけ心強かったか。

声をかけてもらうと、不思議とリラックスできました。

 

 

 

フリースタイル分娩。まずは「側臥位」で

 

 基本的に自由にさせてくれる産院でしたが、私はとにかく助産師さんの指示に従うと決めていました。 

バースプラン、後悔したくないから、必死で調べなきゃって思ってたけど、 安心して委ねられる!! 先生や助産師さんに全部委ねて、 後は、自分の身体に耳を傾けることだけに集中 すればいいんだ。

34w0d、産院のラマーズ法教室へ - my color is...♡

 

 分娩台に乗るときに、「横向きで行きましょか」と言われたので、そのまま素直に横向きに。陣痛で腰が痛かったのでとても楽でした!

 

「側臥位」とは横向きの事です。右向き左向きどちらでもかまいませんが、妊婦の場合右向きに寝ると、大きくなった子宮によって下大静脈が圧迫され低血圧や貧血などの症状がでる事があります。その為赤ちゃんへの血流を維持する為にも妊娠期はできるだけ左向きになる事をおすすめします。

側臥位はフリースタイル分娩の中で最もよく見られるスタイルで、産婦さんが最も休息しやすく楽な姿勢と言われています。腰が痛い人も後ろからさすってもらう事で痛みがやわらぎます。実際赤ちゃんを産む時は片足をスタッフや付き添いの方が軽くもちあげ、足裏を支える事でいきみやすくします。会陰部も介助者に見やすいので比較的介助しやすいスタイルです。ただ、胎児の重力が効率よく働かない為お産の時間が長くなる事があります。

仰向けだけじゃない!!産む前に知りたいフリースタイル分娩の事☆ | mamanoko(ままのこ)

 

 

 

 

11:20頃 分娩台に乗った瞬間に起こったいろいろ

 

①乗った途端に破水

 ベッドに乗ったらすぐに陣痛、破水。もともと高位破水していたのですが、

今度は 完全破水 した模様でした。

赤ちゃんを包む卵膜が破れて、中の羊水が流れ出てくることを破水といいます。痛みも出血もなく、透明で生温かい液体が出てくるだけなので、ちょうどおしっこをもらしたような感じがします。量は、子宮口に近い位置が破れる「完全破水」だと大量の羊水が流出します。また、子宮口から遠い「高位破水」だと下着が湿る程度で、ケースによっていろいろあります。

破水と出産(完全破水・高位破水)

 

助産師さんが「破水したら出るよー」と言ってすぐのことだったので、

驚きました。

 

もうねぇ、一番しんどいとこ過ぎてるねん

開くまでがしんどいねん

もうあとウーンって頑張って赤ちゃん出すだけや〜!

もうしんどくないで

どんどんイケイケ〜!って感じやで

 

できるだけ膝も曲げて身体丸くして

うーーーん

膝曲げて顎引いて

上手、上手と

めちゃくちゃ上手、その調子

 

 

 

②赤ちゃん・・・ではなく大きい方が  

 お食事中の方ごめんなさい。ウーンといきみ逃しをしていたのですが、

なんと出ていたようです。

「ちょっとう◯ち出ようけど、気にしなくていいからね」助産師さん。

自分への落胆が半端なかったですが、もう腹は括っていたので

「うん、わかった」

とタメ口で返答w 

よくあることみたいですが、

まだ余裕のあった前日の夜に浣腸しなかったことをひどく後悔しました。

前夜のこと⇨ 私の出産記③〜微弱陣痛との孤独な闘い〜 

 

 

③呼吸法がうまくいかない

 呼吸法、ちゃんと練習していたのですが、疲労もありなかなかうまくできなくなってきました。

「声無しでいけますか〜?」と言われても、どうしても声が出る。

陣痛が始まった瞬間なんて「うぐっっっ」ってなってました。

そして陣痛がない時もしんどすぎて声が出る。もう泣いてました笑

どうしようもなかったです。

 

 

もう頭見えてくるわ

赤ちゃんポンっとは出てこないけど、じわじわじわぁっと進んでいきますよ

 

 

 

 

11:40頃 自分で自分に「痛いんだね」

 

 陣痛の途中で、痛い痛い!!と言うようになってくる。あまりの痛さに、自分で自分に声かけw もう興奮しすぎて迷言がどんどん出てきます。。。

 

もうすぐそこに頭があるのでね

そうそうそう、いいですよ

 

 

 

11:44頃 赤ちゃんの頭が挟まってきた?

 

「お尻の方挟まってきてるのわかります??」と言われる。

赤ちゃんの頭が、挟まってきた、ということだったらしいのですが、

頭が回らなくて何を言われてるのか全くわからなかった。

 

赤ちゃんぐーっと下がってきてはりますからね

降りてきてるよー

もうすぐ会えるよー

もうちょっと

 

 

11:46頃 上向きチャレンジ?

 

「ちょっと上向きも頑張ってやってみましょうかね〜」助産師さん。

しかし、せっかくフリースタイルで横向きになれたのに、、と思ったのと、

向きを変えるのがしんどくて横向き続行。

 あれ?助産師さんの指示に従うんじゃなかったっけ??w

 

 

 

11:48頃 赤ちゃんの頭が見えてきた

 

 助産師さんから見て、奥底に見える。という感じだったみたいです。

分娩室入室後30分くらい。もう頭が見えるなんてびっくりですね。

しかしここからが長かった(笑)

 

 

11:51頃 やっぱり上向きへ

 

「やっぱり上向きで頑張ってみましょうかね」と言われたので、

今度は頑張って上を向きました。何か理由があったのでしょう。

 

上向きじゃないと、ダメか。。。

 ちょっと残念。

 

 

 

11:52頃 赤ちゃん髪の毛結構あります

 

 助産師さんから見えた赤ちゃんの頭、髪の毛が結構見えていたようで。

もうそこまで見えてるんだと思うと、少しだけ力が湧いてきました!!

髪の毛が生えてるのは予想通り♡

 

 

11:56頃 助産師さんの励ましに泣きそうになる

 

頑張ったね〜、朝からねぇ〜、痛かったのに〜。

シャワーもいってねぇ。

お腹の方意識してふぅ〜、

脚しんどかったら、伸ばしてもらってもいいしね

 

そうよ、こんなに頑張ってきたんだもの、最後まで、頑張ろう!!!

 

 

12:15頃 お昼休憩??

 

 「おうちの方ごはん食べてこられますか?」と助産師さん。

夫は「大丈夫です」と返しつつ、トイレ休憩にだけ行きました。

この時私は、「そうか、まだまだかかるのか」と悟ります笑

 

(赤ちゃん)見えてきてる、見えてきてる

だんだんお尻のところに挟まってくるから

挟まってる感じが痛いから

 

目開けて

お尻の方意識して

脚伸ばしてもいいですし

 

 

12:19頃 腰が痛い

 

 「腰が痛い」というと、「横向きになりましょか?」と聞かれるが、

大丈夫と言ってそのまま上向きに。

 

 

 

12:20頃 夫に足を支えてもらう

 

 仰向けになった状態で膝を立てて陣痛に耐えていたのですが、

なんだかしっくり来ない感じで。助産師さんが右足を支えていてくれたので、

夫に左足を支えるようにお願いしました。

よく考えたらこの後30分くらい支え続けてもらってました。。

 

やっぱり夫がいないと産まれなかった笑

 

この頃、1回の陣痛で痛い時の長さが40秒、おさまっている時間は1分くらいでした。

 

 

 

12:30頃 赤ちゃん挟まってますよ

 

 「しんどいけどもう一息ですよ」と言われるが、そういう抽象的なセリフはもう信じられませんでした笑 というか、よくわからない。

陣痛が来るたびに、痛い痛い痛い痛い と言ってしまう。痛いことに苛立ちを隠せない。でもちゃんとお産は進んでいたようです。

 

そうそう、キタキタキタ、

赤ちゃん挟まってますよー

 

赤ちゃん挟まってますよー!!

 

赤ちゃん、骨盤にがっつり挟まってくれたようです。

夫に「わかる?」と聞かれて「うん」と答えていましたが、

実際わかっていたのかは怪しいですw

 

 

長くなってきたので続きは次回へ

 

 

 

 

続きはこちら↓ 

mycolor-is.hatenablog.com

 

 

 妊婦さん向けの記事はこちら↓

 mycolor-is.hatenablog.com

 

 

それではまた****