読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

follow us in feedly

34w0d、産院のラマーズ法教室へ

妊娠してからインドアな私は、出かけるというだけで億劫なのですが…

 
昨日は、産院のラマーズ法教室へ行ってきました!!
f:id:mycolor-is:20160412131822j:image
気合い入れすぎて一番のり。。。
 

ラマーズ法とは

ラマーズ法はフランス人の産科医ラマーズが世界中に広めた分娩方法で、身心の緊張を解いて、力をいれず、いきまず、可能な限り自然の子宮収縮で分娩を行う方法。弛緩法と呼吸法になりますが、陣痛が強まってきたときは「ヒッ・ヒッ・フー」、いきみたいけど我慢しなければという時には「ヒッ・ヒッ・フー・ウン」などと、お産の進行に合わせて、やり方が決まっています。

 
 
 
 
結果…ほんとに行ってよかった!!
 
 
1時間の講座で、
  • 前半・・・理事長による「ラマーズについて」
  • 後半・・・助産師さんによる「弛緩法」「呼吸法」

という内容。

 
後半は実技中心だったので、前半のお話を聞いて感じたことをお伝えしますね。
 
 
 
☆ 
 
まず、先代の院長である理事長。お会いするのは初めてでしたが、
想像以上に、
 
めっちゃおじいちゃんでした…!!!!
( パンフレットを見て、お年を召されてるなぁとは思ってた。)
 
 
「90歳で、もう脚もフラフラですが、
このラマーズ法は素晴らしい呼吸法なので、
今もこうやってお話してます。」
 
とのこと!!!
でも姿勢がめちゃめちゃ良くて超元気!!
やさしい〜感じの先生♪(基本的にここの人はみんな優しい)
 
 
おじいちゃん先生、パワーポイントで説明されてました!!
 
お年を召されているのもあり、キーボードに触れる指は少し震えてるし、
正直、言葉が聞き取りづらいときもありました。
 
 
でも、なんだろう、この安心感
この人が言うんだから大丈夫 みたいな。
 
だから、とにかく 全身で 話を聴きました。
 
その結果、私が肌で感じたことは・・・
 
 
 
「お産のこと、心配しなくても
大丈夫だよ」
 
 
・・・!!!(笑)
 
 
 内容はすんなり入ってきたし、
 
何より
 
「ここなら大丈夫だ」
 
って思えたんです。
 
 
先生からは、ラマーズ法の具体的な説明というより、
なぜお産にラマーズ法を取り入れているのか
という説明。
 
お産の仕組み、理想的なお産の進み方、そのときに、助産師さんがどういうサポートをしてくれるかなどを含めて伝えて下さいました。
 
 
 
ざっくりお伝えすると、赤ちゃんは本能的に
 
 ”自分が一番、安全に産まれる方法” 
 
というのをちゃんと知っていて、
お母さんや周りの人たちが出来ることは、それを手伝うこと。
(むしろ、邪魔しないこと?笑。)
 
 
赤ちゃんが選んだ 産まれ方” がスムーズに進むように、
また赤ちゃんが弱る原因となる圧迫を最小限に抑えるため、
余計な力を逃していきましょう。そのためのラマーズ法です。
 
ということでした。
 
 
要するに、
 
「自然に」
「待つお産」
 
 
ゆっくり産まれてくる子にとっては、
そのゆっくりペースが一番 安全なお産” ということです。
 
時間がかかっても、変にいきんで圧迫しなければ、
赤ちゃんは弱ったりしないそうです。
 
 
「安産ってかかった時間だけではないよね」って、前から思ってはいましたが、
「病院に着いてから2時間で産みました♪」
とか聞くと、やはり「スーパー安産だね!!」って思ってしまう。
 
その逆で「3日かかった」とか聞くと「難産だね」と思ったりする。
でも、長時間=難産 ではないんですね。
 
 
先生が、ニコニコしながら、本当にフラットに
「すぐに産まれる方もいれば、3日かかる方もいます」
と言われてたのがすごく印象に残ってます。
 
 
 
 
・・・そしてもう一つ、私にとって衝撃的だったお話。
 
私はあまり知識がなかったので、
お産のラスト、頭が見えてから産まれる瞬間までは早い方がいいと思ってました!!!笑
 
そこまで来たら早く出してあげた方が苦しくなさそうに思えて。
そのためには会陰切開になるのは仕方がないって。
だから、 赤ちゃんの頭が出たらいきんでいいんだと思ってました笑
 
 
まだなんですね!!
(というかいきむ瞬間なんて、本当に最後の一瞬、すこ〜し力加えるだけだった。)
 
 
赤ちゃんの頭、顔が出たあと。
その後の過程がすごく大切 でした。
 
ちょうどそのとき、
赤ちゃんの胸が母体の骨盤に挟まり圧迫されることで、
口や肺に溜まった羊水を吐き出すことができる、
とのこと。
 
そうやって、あえて時間をかけて出てくることで、
赤ちゃんは 自分の身体の負担を減らす ことができるそう。
 
 
そしてラストの衝撃的な台詞
 
「会陰切開すると赤ちゃんがすぐに出てきてしまうから、
うちでは裂けそうになる段階まで切りません。」
 
 
私、会陰切開をしないのは、ただママの身体を傷つけないためだと思ってました!!
 
ちがうんだ。それだけじゃないんだ!!
 
産まれる瞬間もゆっくり時間かけた方が、
赤ちゃんに負担が少ない なんて、
知らなかった。
 
 
ほんと、知れば知るほど奥が深くて、
妊娠、出産、赤ちゃんって神秘的!!!
 
もともと感受性が高い私ですが、
妊娠して更に涙もろくなってるのでウルウルしていました。。。 
 

 
それにしても、おじいちゃん先生。
これを60年以上伝え続けてるなんてほんとすごい…
  
お産という現象も、赤ちゃんのことも、
ほんとに大好きなんだろうな。
あのおじいちゃん先生には、赤ちゃんの声が聴こえるんだ。
 
 
バースプラン、後悔したくないから、必死で調べなきゃって思ってたけど、
 
安心して委ねられる!!
 
先生や助産師さんに全部委ねて、
 
後は、自分の身体に耳を傾けることだけに集中 すればいいんだ。
 
 
もともと、助産院などの自然なお産には憧れていました。
でも、初めてのお産・・・何かあったときに帝王切開もできる産婦人科医がいる方が安心だったし、
ここで産んだ知り合いからの評判も良く、実家から近いという点で選んだのが今の産院でした。
 
 
結果的に、何も問題が起きなければ、
自然なお産を体験できそう!!
 
素直に「ここで産めることが嬉しい」「出産、楽しみだな」って思えた。
自分とお腹の子が選んだ産院が、ここで本当に良かった。。
(まだ産んでないけど笑)
 
本当にお産が楽しみです♡
 
 f:id:mycolor-is:20160412155849j:image
 
最後に、ちょっと面白かったことを。
理事長のお話、30分で終わりますって最初に言われてたけど、
 
ほんとに30分キッカリでした笑
 
さすが!!!経験が違う!!
 
 
バースプラン、改めて妄想してみます♡
 
関連記事↓ 

mycolor-is.hatenablog.com

 

それではまた****