my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

follow us in feedly

マタニティヨガ〜陣痛の痛みを楽にする?「月と太陽の呼吸法」〜

こんにちは!

36w0d、妊娠10ヶ月、ついに臨月に入りました!
 

今日は、先週 マタニティヨガ へ行ったときのことを。
f:id:mycolor-is:20160425195839j:image
ヨガはもともとしていたのですが、マタニティヨガに参加するのは初めて!
この日は、妊娠5ヶ月〜なんと予定日超過の方まで幅広く参加されてました!!
 
 
久しぶりのヨガ、というか久しぶりの運動…
自分の身体がどんな風に反応するかドキドキしていたのですが…
 
 
やっぱりヨガは気持ち良かった〜♡♡
  
 
もう臨月目前、「今更かな?」と思っていたのですが、
そこはさすがヨガ、そしてマタニティヨガ。
 
ひとりひとりが今の状態に合わせて行っていました。
 
 
例えば、逆子に不向きなポーズもあるので、
そういうときは先生が「今逆子の方は代わりにこのポーズしてね」と声をかけてくれる。
 
「お腹が張ってしんどくなったら続けないで!でも、臨月のひとは張っても大丈夫!」とか言ってくれる。
 
 
いつ始めても遅いなんてことはなかったです。
 
 
なかなか濃厚な1時間で、本当にいろんなことをしました♪
終わった後の爽快感。気持ちよかったなぁ〜。
産まれるまで、あと何回行けるかな!!
 
 
 

f:id:mycolor-is:20160414133012j:plain

 
参加した日に教えてもらってから、自然と毎日続けている呼吸法があります。
 
「月と太陽の呼吸法」(まずネーミングが好き♡)
 
別名「片鼻呼吸法」と呼ばれていて、妊娠前にも何度かしたことがあったのですが、
 久しぶりにしてみたらすっごくスッキリして!!
 
「こんなに気持ちのいいものだったんだ」
 
と1日に何度もしています。
 
…それも、陣痛のとき使えるらしい!!!
 

 

ざっくり説明すると、

  • 片方の鼻で交互に呼吸する
  • 吐くときは(吸うときの)倍の長さで

というものなのですが、具体的なやり方を見つけたので載せますね!!

 

 

陣痛の波が来ている1分間、これをするとリラックスできて楽になるみたいです。

「陣痛のときは1分ですが、普段は3分はやりましょう♪」

とのことで、私はこの3分を1日に何度もしています笑

 やってみればあっという間!!

 

 

出産予定の産院ではラマーズ法を採用しているので、

基本的にはそちらの呼吸になると思うのですが、

選択肢が増えたのは心強くて嬉しいです♪

 

それに、”吐くときが長め” というのは両方同じですね。

 

 
こちらはもっと詳しく書かれています♪ 助産師兼ヨガインストラクターの方のブログ ↓↓
 
 
 
 
産まれてからも、またヨガしたいな♡
 
 
以前も投稿したヨガ関連の記事 ↓↓ 
それではまた****