ママをもっと自由に♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

寝かしつけの幸せを味わうための、素敵な絵本に出会いました。

生後9ヶ月の娘、最近かなりコミュニケーションが取れるようになってきました。

 

離乳食のときも、

「いただきます」と言うとニッコリ笑い、

「ごちそうさま」と言うと泣きます(笑)←まだ食べたいよー!てことらしい。

 

 

そんな彼女、最近はおもちゃよりも絵本!絵本大好き!

読み聞かせを始めるとニコニコ笑いながら近寄ってきて

座っているママの膝につかまり立ち。

一生懸命絵本を見て聞いてくれています。

私も、「絵本の世界って素敵だな」と感じられて大好きな時間に。

 

そんなとき、仲良くしている先輩ママから、素敵な絵本を教えてもらいました。

 

 

おやすみなさいーヴィルジニー アラジディ (著), カロリーヌ ペリシエ (著), エマニュエル チュクリエール (イラスト)

 

夜が待遠しくなる、
しあわせに眠りにつける絵本

 

しずかなしずかなおとがきこえるかしら?それはね、よるのおとですよ。夜空がゆっくりと深い色にかわっていくように、静かな響きの言葉が、子どもたちを夢の世界に連れていってくれる絵本。

http://www.anonima-studio.com/books/picture_book/oyasuminasai/

 

ページをめくるごとに、空の藍色がどんどん深くなり、

動物たちも眠りの準備をしていきます。

とにかく絵が素敵。藍色の空に真っ白のお月さん、オレンジ色の光。

とてもシンプルで、ミュージシャンのカミヒ・カリィさんの訳が、静かにスーっと入ってきます。

愛しい愛しい我が子に、「あなたは、ママのたからもの」と伝えるのに、ぴったりな絵本です。

 

 f:id:mycolor-is:20170312001634j:image

 

どちらかというと、寝かしつけが苦手な私が自分のために買いました(笑)

どうも、テンション上げさせるのは得意なのですが、

落ち着かせるのが下手みたいです(笑)

 

 

この絵本、実際に本屋で見てから買おうと思ったのですが、

どこに行っても在庫が。。。あまりメジャーではないからかな?

結局Amazonで買いました。

 

 

 

自分が寝る前にも読んでみたいな。

子ども時代の私を思い出しながら。