読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

follow us in feedly

お腹の赤ちゃんが教えてくれたことシリーズ、始めます。

以前の記事で、

妊娠前から赤ちゃんのメッセージを受け取っていた、とお伝えしました。
前々から、このことをブログに綴りたいと思っていたのですが、
どうやって説明すればいいか考えてしまい、なかなか記事に出来ず…
 
 
ついに昨日、
「ママが開いてくれなきゃ私の能力が開花しない」
と言われてしまい笑
 
 f:id:mycolor-is:20160403151357j:image
 
今までの経験上、こういうのを無視するとロクなことにならないので(笑)
早速記事にします。
 
 
 
 
 
 
お腹の中にいる赤ちゃん=胎児 とお話することは、
「たいわ」と表現されるそうです。
 
これについて説明するのは、今のお花畑状態の頭では難しいので(←)
「たいわ」について詳しく書かれているブログをご紹介します!
この世野尾麻紗子さんは4人のママで、「たいわ」について
発信し続けている方です。
長女のもえみちゃんがお腹にいたとき、筆談で「たいわ」されていたそうです。
本も出版されています↓↓

ママと、生まれるまえからお話できたよ。

 
 

「たいわ」について初めて知ったとき、

私は「そろそろ赤ちゃん来てほしいなぁ」と思い始めたころで、

とにかく感動したのを覚えています。

 

”私にもできるのかな”

 

 

 

そして妊娠、実際に自分が「たいわ」してみて感じたことは。。

 

私自身、赤ちゃんが言いたいことを100%受け取れているとは思いません。

10%、5%も受け取れていないかもしれません。
 
でも、例え1%しか受け取れていなくても、
 
〇〇って言ってる気がする
〇〇って言いたいのかな
 
と感じたことを、
もし本当だったら?
と捉えて行動していった結果、
 
物事がスムーズに進んだり、
ツワリが楽になったり、
ますます夫とラブラブになったり♡←
 
 
 
どんどん自分が自由になっていったのです。
 
 
 
この子は、明確な意思を持って、
私のお腹に来てくれたんだ
 
そう思わずにはいられなくなりました。
 
 
昨日の記事、実家での過ごし方について綴りました。
調子が悪かったとき、赤ちゃんが私に伝えてくれたことは、
 
「もっと静かに過ごせる時間を持って」
「そうじゃないとママとお話出来ない」
 
でした。
 
 
”ママとお話出来ない”
 
というのは、赤ちゃんが発している信号を、
私が受け取れていない、
ということです。
 
「周りのことを気にしすぎて、自分たちのこと後回しになってるよ」
 
と教えてくれました。
 
 
 
あぁ、これはまずいなぁ〜。
 
 
そう思って、早速アクションを起こしました。
 
 
 
今日は、とても調子がいいです♫
 
 
 
たまたまかもしれません。
ファンタジーかもしれません。
 
でも、私にとっては真実であり、
私のマタニティライフを、確実に豊かで幸せなものにしてくれました。
 
 
妊娠前からこのやりとりはありましたが、現在ちょうど妊娠中なので、
まずは妊娠中、”お腹の赤ちゃんが教えてくれたこと”にしぼって発信していきます。
数々のエピソードがあります。
出産までに、できるだけ発信出来たらいいなぁ〜、と思います。
 
 
それではまた*****
 
ひとつ目のエピソードはこちら↓↓