my color is...♡

マイペースなママの、自分の感覚のまま、わがままに生きたい、そんなブログ

乳首の傷が痛い!〜ランシノーを使えなくなった私が今使っているもの〜

こんにちは!

確定申告の季節ですね。

2016年は出産したこともあり莫大な医療費がかかりましたので、

エクセルにせっせと打ち出していたのですが…

 

乳腺炎6回 やってました!!(今年に入ってから更に+1回)

 

いやぁ、これは娘が1歳になるまでに10回やりそうですねぇ、

 

やめてくれ〜〜〜〜〜涙

 

原因は乳頭の傷

もうですね、ちょっと疲れたり免疫が下がったら乳腺炎になるおっぱいになってしまいました。

お世話になっている助産師さんに聞いた話だと、

乳腺炎を繰り返す原因となっているのが、乳頭の傷!!

ぱっくり切れるような傷ではないのですが、

産後すぐの時期にできたものが完治せず、また娘の遊び飲みによりまた新しい傷ができ、、、

という感じで常に赤くなっている状態です。

 

 

乳頭ケアグッズが手放せない

ということなので、傷を回復させる&新たな傷を作らないために乳頭ケアグッズが欠かせません。つい最近まで、乳頭ケアではメジャーなランシノーをamazonで定期購入していました。

amazonプライム加入中

 

カネソン LANSINOH ランシノー 10g×2本入

 

 

ある日突然かぶれるようになった

これさえあればいいわぁ〜♩と安心して使っていたのですが、ある時急にかぶれるようになりました。これをつけると痒いのです。同じ症状の人がいないか必死になって検索しましたが全く見当たらず!!私の何がいけないのだろうか??

母乳パッドをやめてガーゼにしてみたり、いろいろ試してみたのですがやはり痒い。

敏感肌すぎる自分の肌が原因のようでした。もう別のものを探すしかない。

 

ラノリンは避けよう

ランシノーは羊の毛の成分のラノリンを使われているので、もしかするとこの成分がダメなのかもしれないと考えました。乳頭ケアの製品でもラノリンが入っているものはまたかぶれる可能性が高い、、ラノリンが入っていないものを!

 

救世主現る!!〜シルクモア〜

私は以前アトピーで苦しんでいた時がありまして、その時に使っていたクリームを思い出しました。確か、乳頭ケアにも使えたはずだと!! 

 

シルクモア繭の里クリーム10ml(Mサイズ)

 

アトピーの痒みが激しい時にはとても重宝しました。痒みが落ち着くので。

今回乳首の痒みも尋常じゃなかったので非常に助かりました。

 

赤ちゃんが舐めても大丈夫

防腐剤や着色料は使われておらず、助産院などで乳頭ケアに使われているところもあるそうです。それならば安心。念のため自分も舐めてみましたが、少し甘い感じがしました!!(笑)

 

効果絶大!!!しかし金額が・・・

使用後すぐに痒みが治まり、乳首の傷もかなり良くなりました!なぜこれを早く使わなかったのか!!しかし、1日6.7回ある授乳後いつも塗っていたので、あっという間に(1週間くらい)使い切ってしまいました。amazonの定期購入でも10ml3000円弱。。。これを毎日使うには高額すぎて…涙涙

 

手軽に使えるものと組み合わせよう〜ベビーワセリン〜

そこで、シルクモアはお風呂上がりに使用、それ以外の授乳後のケアにはベビーワセリンを使うことにしました!!これは60g 500円もしないので、かなり手軽に使えます。

 

 

ベビーワセリン 60g

 

 

ワセリンなので傷を治す、などの効果はなく、ただ保護するだけ。症状が落ち着いている時にはこれだけでも十分なのかもしれません。

 

 

今のところ順調、でも油断は禁物

ものすごく乾燥した1月2月は、乳首も乾燥しやすく傷が悪化してしまいました。

春先も乾燥しやすいので、授乳後の乳頭ケアは私には必須項目になりそうです。

 

もう、乳腺炎はコリゴリ…涙

 

それでも、なるときはなるのが乳腺炎

卒乳するその時まで、うまく付き合っていこうと思います涙。

 

 

 f:id:mycolor-is:20170308225733j:image

 

 

 

おっぱい噛まないでね!!涙 

 

 

それではまた*****

 

 

 

 

雛人形は無理だったけど、これなら飾れました♡〜雛飾りポスター〜

今日は雛祭りでしたね♫

娘は初節句だったので、盛大にお祝いするかと思いましたが。。

意外とあっさりでした(笑)

 

去年妊婦だった私は完全に脳内お花畑でして、

来年が楽しみだ、ウキウキする、キャー♡

という感じだったのですが

 

mycolor-is.hatenablog.com

 

日々のタスクをこなすのに必死過ぎて

思い描いていたようなママではありませんでした!!

というより、

やっぱり私は、私、でした。

もともとイベントごとを盛大に行うタイプではなかったんだった。。。

 

 

 

また、雛人形も飾るスペースの関係で購入に至らず…。

とは言えせっかくの初節句だし、何か飾りたいなぁと思い、

雛飾りポスターというものを用意しました!!

 

http://gracocoro.com/wp-content/uploads/2017/01/754770049329391233792005f4dd6846.jpg

雛飾りポスター momo / shiro - こども誕生日撮影&部屋飾り付けグッズ おうち写真館なら|グラこころ

 

記念になるので名入れで!

雛人形買うよ?と言ってくれていた実母に相談したら、

快く了承してくれたので、甘えさせてもらいました!

 

 

小さめだし、娘が倒しにかかることもないし、

これにしてよかったなぁと。

 

フレームは別で購入する必要があったので、

我が家ではポスター用の透明ケースを購入しました。

 

 

ライオン事務器 カードケース 硬質 B3判

 

 

 

 

 

 

 

 

これで十分でした!

 

 

本当は今日しまった方が良いのだろうけど、

週末に義両親がお祝いを持ってきてくれるとのことなので

まだ飾っておきます。

私が子供の時も雛人形長めに出してあったけどお嫁にいけたから、

大丈夫なはず!!(笑)

 

 

来年こそチラシ寿司作れるかな…。

 

それではまた******

 

 

 

雛祭りの別名「桃の節句」とは

寝かしつけの幸せを味わうための、素敵な絵本に出会いました。

生後9ヶ月の娘、最近かなりコミュニケーションが取れるようになってきました。

 

離乳食のときも、

「いただきます」と言うとニッコリ笑い、

「ごちそうさま」と言うと泣きます(笑)←まだ食べたいよー!てことらしい。

 

 

そんな彼女、最近はおもちゃよりも絵本!絵本大好き!

読み聞かせを始めるとニコニコ笑いながら近寄ってきて

座っているママの膝につかまり立ち。

一生懸命絵本を見て聞いてくれています。

私も、「絵本の世界って素敵だな」と感じられて大好きな時間に。

 

そんなとき、仲良くしている先輩ママから、素敵な絵本を教えてもらいました。

 

 

おやすみなさいーヴィルジニー アラジディ (著), カロリーヌ ペリシエ (著), エマニュエル チュクリエール (イラスト)

 

夜が待遠しくなる、
しあわせに眠りにつける絵本

 

しずかなしずかなおとがきこえるかしら?それはね、よるのおとですよ。夜空がゆっくりと深い色にかわっていくように、静かな響きの言葉が、子どもたちを夢の世界に連れていってくれる絵本。

http://www.anonima-studio.com/books/picture_book/oyasuminasai/

 

ページをめくるごとに、空の藍色がどんどん深くなり、

動物たちも眠りの準備をしていきます。

とにかく絵が素敵。藍色の空に真っ白のお月さん、オレンジ色の光。

とてもシンプルで、ミュージシャンのカミヒ・カリィさんの訳が、静かにスーっと入ってきます。

愛しい愛しい我が子に、「あなたは、ママのたからもの」と伝えるのに、ぴったりな絵本です。

 

 f:id:mycolor-is:20170312001634j:image

 

どちらかというと、寝かしつけが苦手な私が自分のために買いました(笑)

どうも、テンション上げさせるのは得意なのですが、

落ち着かせるのが下手みたいです(笑)

 

 

この絵本、実際に本屋で見てから買おうと思ったのですが、

どこに行っても在庫が。。。あまりメジャーではないからかな?

結局Amazonで買いました。

 

 

 

自分が寝る前にも読んでみたいな。

子ども時代の私を思い出しながら。

 

 

 

ブログ開設から1年。再び大好きな3月が。

こんにちは、お久しぶりの更新です。

いつの間にか、ブログ開設から1年経っていました!笑

 

mycolor-is.hatenablog.com

 

また、大好きな3月が始まりました。

自然とタイピングしたくなりまして。(単純)

今日は娘も寝てくれたので、いくつか記事を作りたいなと。

 

こんな感じのマイペース更新ですが、

いつも読んでくださる方がいるみたいで。

本当にありがとうございます!!

 

1年前妊婦だった私は、今は生後9ヶ月の赤ちゃんのママ。

なんだかどんどん変化していて気持ちが追いついてないですが。。

いつでも素直なままの自分を発信していきたいと思います。

 よろしくお願いします!

 

さて、たくさん作りたい記事あるぞ〜!!

 

 

 

 

私の出産記⑤〜内診グリグリと陣痛促進剤、長い間抱えることになる悔しさ〜

 妊婦さん向けの記事はこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

こんにちは!!

久しぶりに、私の出産記を更新したいと思います。

今日で7ヶ月。

お座りもハイハイもしてます。 

f:id:mycolor-is:20161218002845j:image

最近可愛くてたまらん

 

 

 

これまでの記事はこちら↓↓

私の出産記①〜破水したときのこと〜 - my color is...♡

私の出産記②〜出血に怯えながらの陣痛待ち〜 - my color is...♡

私の出産記③〜微弱陣痛との孤独な闘い〜 - my color is...♡ 

私の出産記④〜夫合流&まさかの嘔吐、体力の限界を感じる〜 - my color is...♡

 

 

微弱陣痛…ただ耐えることしか出来なかった、これまでの状況が大きく変わります。

 

良かったらお読みください!!

 

 

 

9:13 外来の診察室へ

先生に診察してもらえるということで、夫に支えてもらいながら移動。

顔面蒼白、意識朦朧、フラフラ。。。(ここで合流した母談)

 

 

このタイミングでの内診グリグリはこの世のモノじゃない

まずは内診。割れそうな腰を抱えながら内診台へ登る。。

カーテンの向こうに先生登場。

「はい、じゃあ内診しますね、内診、内診ね」

ここの先生は内診のとき親切に何度も教えてくれます笑

お決まりの 子宮口の開きチェック ですね。

お願い、開いててくれ。。

と思ったその瞬間、

 

 

 

グーリグリグリグリグリグリグリッッ!!!

 

 

・・・痛いっ、痛い、痛い〜〜〜〜〜〜!!

う、う○ちが出そうです〜〜涙

 

⇧これ本当に叫びました。

 

先生「うん、そんな風になってくるからね〜、はい、じゃあ診察室でお話しますね」

 

 

内診はいつも痛いと思ってたよ、でもなんなんだよこの痛さ、

今日はもう既に十分痛くなってんだよ、

 

なんなんだよ!!!

(心の声)

 

今のが噂の内診グリグリか…この世のモノじゃないわ

(解説)

moomii.jp

 

 

抜け殻になった私はフラフラになりながら診察室へ移動。 

 

 

診察室。打ちのめされた私。

夫と母も一緒に入室。

もはや普通に座ることもできず、夫にもたれかかりながら話を聞く。

とにかく言われたことは、

 

  • 子宮口の開き4cm。今一番しんどいところ。吐くこともある(吐いた)
  • 今の陣痛では まだ産まれない
  • もっと痛くならないと まだ産まれない
  • 既に吐いてるし体力も落ちてるので、ビタミン剤の点滴と促進剤を入れます
  • いいですか???

 

以下、私の頭の中

 

え。。。。え。。。。こんなに痛いのに、、

先生の話をちゃんと座って聞けないくらい痛いのに、まだまだかかるの、、??

促進剤使う理由が、私の体力がなかったからなの??

妊娠中のんびりしすぎたのがダメだったの??

もっと歩くべきだったの??昨日から全然寝てないから???

なんでなの??悔しい!!悔しい!!

でも、もう、きついよ、きつすぎるよ、どうしようもない!!!!

 

「・・・お願いします涙」 

 

様々な感情が渦巻いていたけど、決断だけは早かったと思う。

 

 

先生曰く、

「促進剤を使うと言ってもほんの少しから。少しずつなら赤ちゃんへの負担もそんなにかからないからね」

とのこと。

 

それを聞いて少し安心しました。

赤ちゃんが大丈夫なら、それがいちばん。 

 

 

 

悔しかった理由

陣痛促進剤を使うこと自体に抵抗はありませんでした。

でも、使うなら、もっといろいろ頑張ってから使いたかった。。。。

例えば、歩いたり、動いてみたり、マッサージしてみたり、

いろんな方法を試して、それでもお産が進まない時に。

バースプランを提出したときにも伝えていました。

  

mycolor-is.hatenablog.com 

 

 

実際どうだったかというと、私は、ただただ横になって耐えるしかできなかった。

何もできなかった。(とその時は思っていた。)

眠れなかったし、体力温存した方がいいのかな?とも思っていたし。

でも知らず知らずのうちに体力を消費してしまって。

もうそれが悔しくて。

正直、なんでこうなる前にいろいろ指導したりアドバイスしたりしてくれなかったの!?

なんて思いました。(この時お産が重なって放置されていることが多かった)

 

そして、実はこの感情、結構長い間引きずってました。。

 

今ならわかります。お産なんて、自分で簡単にコントロールできるようなものではない。

私は、無事に産まれることをただただ祈りながら痛みに耐えるだけで精一杯。

 

「無事に産まれたんやから、なんでもええやん。」

「陣痛中から夫に付き添ってもらえたんやからそれで十分やん。」

「私より大変な人もたくさんいる。」

 

と頭では思うのですが、

そう思うことで余計に辛くなり…

 

この記事を作成するために当時のことを振り返り、夫にも初めてシェア。

こんな風に思ってたんだと。

そうすることでやっと消化できた感じ。

 

 

 お産って女性にとって一大イベント。

どんなカタチであったとしても、様々な感情が出てくるのは当たり前のこと。

その気持ちはその気持ちで、大切に扱うべきでした。

 

yomidr.yomiuri.co.jp

etsuki-mw.com

↑「お産トラウマ」初めて知りました。

 

 

陣痛促進剤を打つ前に、、先生からの提案

 

「お願いします」と言った時には、もうなんだか肩の力が抜けていました。

もしかしたら少しでも早くこの状況を抜け出せるかもしれないと思ったから。

このフワフワした状態の時に言われた先生からの提案。

私は耳を疑いました。

 

 

先生「点滴する前に、気分転換にシャワー浴びて下さい」

 

 

 

・・・・!? シャワー!?

 

 

 

 

長くなってきたので続きはまた今度!!

 

 

 

続きはこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 妊婦さん向けの記事はこちら↓

mycolor-is.hatenablog.com

 

それではまた***